ホームへ電動車椅子サッカーとはスケジュール試合日程・結果プロフィールアクセス募集掲示板お問合せ
トップページ > 募集 > スポンサー
募集
募集について
選手
サポーター・スタッフ
スポンサー
■スポンサーシップについて。

 エルスト広島ではスポンサーを探しております。

 スポンサーシップに関心を持っていただき、ありがとうございます。
私たちは広島市を拠点に活動をしている電動車椅子サッカーチーム「ERST(エルスト)広島M.S.C」です。

 この電動車椅子サッカー(パワーチェアフットボール:世界的呼称)という競技、読んで字のごとく、電動車椅子に乗ってサッカーをします。重度身体障害者に数少なく残された機能「手・足・口・顎」などを使って電動車椅子を操作します。試合では電動車椅子の足元に専用のバンパー「フットガード」をつけた選手たちが、コート上で直径33cmのサッカーボールを巧みにコントロールしながら自由自在に走り回り、ときにはぶつかり合いながらゴールを目指す障害者スポーツです。
また、パラリンピック種目入りを目指して世界中で電動車椅子サッカー人口が拡大しています。2013年度には全国で35チームが日本電動車椅子サッカー協会に登録しており、各ブロック予選を勝ち抜いた16チームによる「日本電動車椅子サッカー選手権大会」などの大会が毎年定期的に行われています。

世界規模の大会としては、2007年に世界初となる「第1回 FIPFA ワールドカップ2007」を日本で開催(日本4位/7ヶ国)し、第2回FIPFAW杯は2011年11月フランス・パリで開催されました(日本5位/10ヶ国)。また、2013年にオーストラリアで開催された第1回アジア太平洋オセアニア選手権(APOカップ)では、TEAM・JAPANが優勝しました。
今後の国際大会としては、2014年には第2回APOカップを日本で開催予定(兼・翌年W杯のアジア太平洋オセアニアゾーン予選)で、2015年には第3回FIPFAW杯がブラジルで開催予定です。

 何故このサッカーがここ数年の間にこのような盛り上がりを見せたかというと、電動車椅子を使用しなければ自由に行動できない人にとって今まで無縁であった“スポーツ”を身近な存在に変えたというところにあると思います。障害の程度に関係なく、電動車椅子が操作できる方なら誰でも参加でき、団体競技の興奮を味わえるスポーツなのです。

 エルスト広島では電動車椅子サッカーを通じて、障害とうまく付き合うことを学び、自信を得ること。そして、自己成長できるように一生懸命、そして楽しくプレーすることを心がけています。

個性を最大限に生かした全員サッカー、それがエルストのスタイルです。


 現在、チームの運営資金は選手から集めた会費と頂いた寄付金で賄っておりますが、年間2回の大きな大会出場や対外試合の県外遠征にかかる多額の遠征費用の確保が課題となっております。
 そこで、チームのスポンサーとして協賛金という形で応援していただける個人・企業様を募っております。

スポンサーメリットとして、1)スポンサー様のリンク付きバナーを公式WEBサイトのトップページに掲載 2)スポンサー様のリンク付きバナーを公式ブログ「エルログ」の右上エリアに掲載 3)ブログや所属選手Facebook内でスポンサー様の商品のPRを行います。 4)大口協賛をしていただけるスポンサー様のロゴをユニフォームの胸に貼らせていただきます。

いただいた協賛金は、エルスト広島の活動費にあてさせて頂きます。ぜひ、応援してください!


 ご興味を持って頂けた方はお手数ですが下記の連絡先までメールください。

お問合わせ先  代表 中野 勇輝 info@erst-h.com



▲ページトップ

このサイトはInternet Explorer5.0以降、Netscape Navigator6.0以降でご覧になる事をお勧めいたします。
インターネットエクスプローラー ネットスケープナビゲーター
本サイトのデータを無断使用することを禁止します。